現役経営者が教えるマネコンリスクヘッジ

現役経営者が教えるマネコンリスクヘッジ

副業を始める上で最も重要になってくるのは【リスクを回避する事】だと思います。

せっかく副業として始める事が何かのきっかけで足枷となってしまい、本業にも影響を与えてしまうようでは本末転倒です。

そこでマネコンを始める上でしっかりと押さえておくべきリスクヘッジを紹介したいと思います。

安心の全額保証によるリスクヘッジ

マネコンを始めるには「9800円」の申し込み費用が発生しますが、これに関してもしっかりとリスクを回避する術があります。

とは言え、マネコンでは確実に稼げる仕組みが出来上がっているので、「9800円」全額返金をする実例は皆無ではあるのですが、それでも万が一の場合、「9800円」はその全額がちゃんと返金してもらう事が出来ます。

これに関して実際にマネコンのサポートにも問い合わせをしてみました。

気になる点として、こうした返金制度によくある「マニュアルに則って作業をしていない」という理由で返金に応じないというケースがないのかという事です。

ここに関してはサポートの返答は「いかなる場合であっても1円も発生しなければ必ず全額返金します」という事でした。

そもそも前述の「マニュアルに則って作業していない」というような理由ですが、マネコンのマニュアルって本当に簡潔なものだから、そもそもそんな理由を出すこと自体に無理があるんですよね。

つまり全額返金保証によるリスクヘッジは十分に成り立つと言えます。

運営会社の実在する事によるリスクヘッジ

マネコンを運営する株式会社ベースは特商法に則り、法律で消費者に対して公開しなければいけない情報をすべて公開しています。

電話での問い合わせにも応じているし、住所もバーチャルオフィスではないので、所謂一般的な企業と同じ安全な会社である事は間違いありません。私も経営者ですのでその点は一目瞭然です。

こういった副業では怪しいバーチャルオフィスの利用も珍しくありませんし、そういった場合に、万が一何かが起こった時、その時に責任を問うのはどこかというのが問題になってきます。

責任者を出せと言っても責任者がどこにいるかもわからない状態ではそもそも信頼が出来ないですよね。

そもそも運営がしっかりしているので、そういった問題が起こることもないとは思いますが、それでももし万が一の場合でも、マネコンでは運営会社をしっかりと公表しているので、そういった面でのリスクヘッジも十分になりたっていると考えられます。

企業を運営する上で一番大変なのは“信頼”を得る事ですが、マネコンではそういった面でもしっかり信頼を勝ち得ている事がしっかりとした企業だなという印象を抱かせてくれます。

TOPページを見る