現役経営者が副業ビジネスの実態を探る

現役経営者が副業ビジネスの実態を探る

実際に副業を始めようとした場合に気になるのは「どの副業が一番自分に合っているか?」という所だと思います。

私の場合はマネコンを始めたキッカケは経営のノウハウや何かヒントをと思って始めたのですが、世の中には様々な副業が存在します。現在の日本の副業の実態はどういう状況なのかという事を経営者目線で語らせて頂きます。

マネコンのHPを見る

様々な職種が混在する副業

副業と一口に言ってもその種類は様々。簡単なアンケートモニターから、データ入力、デザイナーや、FXなんかも今では一般的になってきていますよね。

では、どういった副業が今注目されているのでしょうか

誰でも簡単に出来る「アンケートモニター」

特に難しい技術や条件なども必要としない簡単な副業としてはアンケートモニターなんかが挙げられますね。

こちらはスマホなんかでも完結に行える副業として多くの方に親しみのあるものだと思います。しかしある程度の収入を得るとなれば相当数のノルマをこなさなければいけないのがデメリットと言えるでしょう。

「アンケートモニター」

長所:誰でも簡単に手軽に出来る。

短所:高収入は見込みずらい。

長所を活かす「クリエイティブ事業」

ライターやデザイナー、動画編集や様々な制作など、自分の持っているスキルを活かして行う事の出来るクリエイティブな事業。

案件によっては数十万単位の収入も見込めるものもあります。なにか自分の特技、長所を持っている人であればチャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。

「クリエイティブ事業」

長所:自分のスキルを活かせる。案件によっては高収入。

短所:特別なスキルを要する。仕事に対して技術者が多いため倍率が高い。

当たれば大儲け?!「投資家」

ここ数年、仮想通貨なんていう言葉もよく聞かれるようになりました。株なんかも歴史のある投資産業ですが、当たれば大きな利益を生む事が出来ます。

しかし、大きな利益を生むためには元手が必要ですし、失敗すれば大きな負債を抱えてしまう事も。一発逆転のギャンブルともいえるかもしれませんね。

「投資家」

長所:当たれば大きな利益を生む事が出来る。

短所:高収入を得るにはそれなりの元手が必要。失敗すれば負債を負う可能性がある。

最強の副業として君臨する「マネコン」

いかがでしょうか?副業と一口に言っても様々な職種がありますが、どれも長所、短所があります。

しかし、私の知る限りでは「マネコン」は各副業スタイルの、その長所を良いとこ取りしたような印象があります。

実際に短所を考えてはみるものの、これといった短所が見当たらないのも事実…。

様々な副業が存在する中でこれだけ注目を集めている事実にも納得です。だからこそ最強の副業として「マネコン」はその座に君臨しているのだと思います。

マネコンのHPを見る TOPページを見る